<   2005年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

魅力ある作品作り

はい、odazoです
昨日は業界の専門業者の集まりがあり
食事を頂きながら色々とお話をしてきました

中々に有意義で面白い会席となりましたが
これらを形にするようfocoも努力していかなければなりません

起業すると言うのは実に簡単な事で
誰でも出来ることだと思います
当たり前の事ですがこれらを利益を上げつつ
継続・発展するのが大変です
ただじっとしていても何も始まらないのが現実です

focoは本格的にスタートして7ヶ月の言うなら若造ですが
当初の予定よりも良い流れに乗って早い展開で動けています
もちろん、写真集等の商品企画や営業と頑張った部分もあります

しかし商品企画も現在で落ち着いてしまっている訳でもなく
更に良いアイデアがないか模索中でもあります

肝心の写真については、誰も真似できない感性を磨き続ける事
focoならではのartな表現方法のノウハウも定着しており
どのお客さんにも常に自己採点ですが95点以上の写真を提供できます

既存のスタジオでの撮影ノウハウでは90点以上の写真よりも
平均で50点の撮影方法をとる所も多く
それはやはり失敗を防ぐ為に生まれたノウハウです

もし仮に僕がお客ならこの50点の写真達で出来上がる
アルバムや写真集なら要りません
結果がすぐに想像できてしまうからです

ただ、一般の方はよく分からない世界でもあり
良い写真とそうでない写真を同時に見比べて
それでハッキリとわかる問題だとも思います

結婚式は基本的には一度の体験になると思いますが
さすがに新郎新婦のベテランのかたは少ないと思います
それだけに全ての体験が初めてで良く分からないことだらけ
よく聞くのがマイホームは3回建てて満足のいく家になる
と言いますよね
結婚式もこれと同じですが3回は流石に無理があります

でも、1回で満足のいく式を挙げたいとなると
新郎新婦もかなりの勉強が必要です
ここはああすれば良かった!と言う部分
その部分がもし写真だったとすれば・・・
focoを選んで頂けたら写真という部分では
後悔させないことを約束したいと思います

これらは驕りではなく当社の自信と自戒でもあります
そして近い将来、写真だけでなく
ウェディングに関わる全てのものに良い変化が訪れるかもしれません
文化が変わり全体がレベルアップしても
更に上をいく魅力のあるものを提供できたらと思っています
b0001167_14583882.jpg


さて、この写真はデジタルならではの高感度を使った撮影
写真集の背景としてイメージ優先で撮影したものです
確か撮影はzoompapaだったと思います
focoでは目に見えているものを撮るだけでなく
その先の写真集やレイアウトデザインを想定して撮影しています

目の前にある情景を考えず適当に撮り続けたものと
写真集製作を目的として考えて撮ったものでは
全体的な仕上がりにかなりの差がでます

そして写真集を外注でデザイナーに委託せず
撮影者本人が仕上げる事により更に撮影時のイメージを崩さず
まとめる事が可能となります

これらの一貫としたシステムがどう考えてもベストであり
逆にそれは商売として手離れが悪く
効率も下がることかもしれません
しかしお客様に対しベストな一貫システムを今後も重視し
この先にどんな展開があっても
質の高維持に更なる向上心を忘れないよう頑張っていくつもりです。
[PR]
by foco | 2005-04-27 15:02 | カメラ・機材

様々な撮影

b0001167_1615220.jpg


はい、odazoです
今日は色々な撮影について書こうかと思います

撮影にも色々とあります
スタジオ等での人物撮りや
ブツ撮り等など物と言っても料理~小物~車や家具と
小さい物から大きなものまで様々です

これらスタジオなどで物を撮るには
それなりの知識や技術が必要です
最近ではデジタルカメラが一般普及している為
雑誌等でも出版社の人間がデジタルカメラで簡単に撮影し
プロのカメラマンの仕事が減っていると聞きます

デジタルならその場で確認できる
失敗が少ない・・・などの理由から
それまで困難だと思われていたブツ撮りを
表面的には誰もが出来る時代になったのでしょう

しかし、料理や小物の写真をなめてはいけません
今、雑誌等でお店や出版社が
経費削減で自分で適当に撮影した
トホホ写真がよく目に付くようになりました

流石にメジャーな雑誌ではそのような傾向はあまりないですが
地方雑誌にその傾向が強くあります
チープでローカルな傾向がさらに写真によって
ダメな方向に向かっているようでなりません

僕達は基本的にスナップ撮影を専門にしていますので
素人の方がデジカメでブツ撮りを行って経費削減したとしても
あまり関係のない世界なのですが
ブツ撮り専門のカメラマンはかなり痛いと思います

以前に知り合いのレストランカフェにお邪魔していた時
従業員の方がメニュー表の料理は自分でデジカメで撮ったんですと
プロに頼まなくてもこれで十分でしょと言いたげに
メニュー表を見せてくれました

偏見でも何でもなく出店や屋台か期間限定の海の家等で使う分には
良いかもしれませんがレストラン・カフェと謳っている以上は
それで本当に良いものかと疑問を感じます
やはり悪い意味でのチープ感は拭いきれません
写真の料理もとても不味そう・・・

僕の経験ではメニュー表の料理の写真がダメなところは
一概には言えませんが「並み~不味い店」が多かったですね
そういう繊細な部分に気が付かないのですから
その程度の料理しか出てこないと言うのは一理あると思います

色彩感覚やセンス、私は僕は人並み以上だ!と思っている人でも
こと写真に関しては応用が利きにくいものです
大体は「今、目に見えているものを撮る」事しかできません
物や料理の艶やかさに透明感や温かさ
食欲をそそる色彩に食器の配置バランスに構図のとりかた
それらをコントロールするライティング技術

ブツ撮りを主とするカメラマンさんはこの辺りを指摘し
なにか運動をおこす必要がある気がしてなりません
プロにとっても便利なデジタル時代は諸刃の剣なのです

さて、一方スナップ撮影ですがこれらは経験や知識も勿論大事ですが
それ以上にセンスが大事だと思います
写真道何十年の大御所でもデジタルカメラ暦一ヶ月のセンスある人に
ひっくり返されることもありうる世界

結婚式当日の撮影でもそういうセンスという部分で
カメラマンによって随分と差が出てきます
プロのカメラマンでも500枚撮っても一線超えた素晴らしい写真は
中々でない人も多いかと思います

プロだったら誰に頼んでも同じと言う思い込みは絶対に違います
結婚式は一生に一度の事です(上手くいけば 笑)
納得のいくセンスの良いカメラマンを探して撮ってもらう事をお勧めします

そしてセンスだけじゃなく何でも相談にのってくれたり
アイデアをだしてくれたりワガママを聞いてくれるカメラマンなら
尚のことベストではないでしょうか

僕達はお姫様に仕える側近の如く
写真家として感動的な写真が撮れる様に常に心がけています
当日は会場スタッフや司会者やメイクさんの誰よりも
新郎新婦の近くで側で共に感動しているのです。
[PR]
by foco | 2005-04-26 16:03 | ウェディング

サプライズ

はい、odazoです
今日はサプライズ的な撮影をしてきました

写真の新郎新婦の娘さんが
結婚式をしていない御両親の為に
会場や衣装に写真その他をプレゼントという企画です

両親には店を予約したから食事に行こうと言っておき
いざ店に着いたら今から結婚式という設定
親族や出席者もあらかじめ内緒で呼んでおり
ドレスに写真にと驚きだったと思います

とても親孝行でいい娘さんですね
うん、すばらしい。

b0001167_23564315.jpg

[PR]
by foco | 2005-04-24 23:57 | ウェディング

システムのお話

はい、odazoです
今日は撮影の事やカメラについて少し書きたいと思います

focoで使っているカメラやレンズは殆どがキヤノンを使っています
やはり現在時点で仕事で使えるデジタル一眼レフは
キヤノンが一番安定していると思うのが理由です

最近ではデジタル写真集などの納品が多い為(ほぼ100%)
デジタル機器を使うのが一番適しています
すこし以前なら普通のLサイズや2Lサイズのプリントをアルバムに貼る
という納品が殆どだったと思います

その頃はピントやオートフォーカスの精度に然程シビアにならなくても
良い時代でした

しかし現在の納品傾向のデジタル写真集は
見開きでA3サイズでの印刷を使うこともあり
ピントやオートフォーカス精度にとても敏感にならざるえません
focoのデジタル撮影はそれほどシビアになっています

そのシビアな世界で失敗の許されない
結婚式の撮影はかなりの緊張感です
特に撮影技術などに関してデジタル化してからと言うもの
それまでの技術を一新しないとならない部分も多く
技術的にもネガの頃よりも気を使いますので最初はとても苦労しました

しかし、全てが大変とか言うわけでもなく
しっかりデジタルの恩恵に授かっています
それどころか現在では今のシステム以外に
考えられない所まで来ています

ごく稀にですがネガフィルムでの撮影はできますか?という人もいます
もちろん問題なく撮影できると思うのですが
正直、デジタルの代わりにネガでの撮影をするメリットがありません
どういう納品形態にせよデジタルよりネガの方が優れている部分って
僕たちが考える中でとても少ないのです

色味にしてもそう、現在のプリント店では
プリント機器もデジタルになっているため
デジタルで撮影してもネガで撮影してもどのみちデジタルプリントなんです
とくにネガからデジタルプリントした色味や風合いに関しては
昔よりもかなりクオリティーが下がっている感じがします
もしくはデジタルの結果が良い為にそう感じるのかもしれません

さて、このように自分達の中で確固たる物が生まれ
zoompapaのコラムにも以前あったように仕事では
本当の意味で古いシステムに見切りをつけフルデジタル化になりました
と言う事で数年内にfocoの考え方が業界のスタンダードになるよう
頑張って行きたいと思います。


b0001167_18161098.jpg
さて、写真は先日のHARUNAでの披露宴のイベントの1つ
来賓客によるファッションショーの様子です
ちなみにこのイベントは僕が提案したのですが
みなさん楽しんでくれたでしょうか・・・ 笑
[PR]
by foco | 2005-04-22 18:23 | ウェディング

focoの写真集

b0001167_2314776.jpg
今日は、バリ・アートギャラリーというアジアンカフェで
結婚式の打ち合わせをしてきました。

1階はカフェ2階はバリの家具や雑貨を直輸入したものを
展示販売しているお店です

そこで、お店の方からバリのアルバムやアイテムをつかって
お客さんに納品できないだろうかという話が出たので
今、一応のアイデアと料金を出している最中。

他の会社なら1つの会場に対して
新規デザインによる商品を作り上げるなど絶対しないと思いますが
そこはfocoと言う事で今、色々と考えている最中なのです。


はい、さて今週も打ち合わせや編集作業に追われていますが
写真はやはり表現をするお仕事です
写真集のデザインやレイアウトにレタッチなどは
どうしても気分の乗るときじゃないと一気に仕上げることができません

構想に行き詰っている時にデザインしたものを納品するわけにも
行かないし忙しい時期によってはどうしても納品が遅れることも
表紙は一組一組の新規デザイン
中身も極力新規デザインとレイアウトをとるようにしています
他の人とまったく同じ写真集という事のないように頑張っています

今日の写真のお客さんは表紙から中身までまったくの新規製作でした
かなり考えて作りました
今月末くらいに届くと思いますが
作った本人が一番ワクワクしながら待っているのかもしれません

他の写真館で取り扱っているデジタルアルバムなどを良く見かけます
あれはあれで良いものだと思いますが
どれをみても同じにみえるのは僕だけでしょうか

大体のデジタルアルバムは28ページというページ数が多いかと思います
どれを見ても同じに感じると言うのが
このページ数も理由の1つかもしれません
28ページでは前撮り~挙式当日~リハ~メイクと言った全体の流れを
一冊にまとめるのはかなり困難だと感じます
なのでどうしてもイメージカットの多いアルバムに
なってしまっているようです

一見、お洒落に見えるデジタルアルバムですが
「あーこんな事があったんだ」
「こんな余興やイベントしたんだな」
「このとき○○さんはこんな表情で僕達を祝ってくれてたんだ」
といった思い出や思い返すことがイメージカットばかりの
デジタルアルバムでは困難かと思います

実際、僕がレイアウトしていても一通りの流れを組むのに
40ページでも足りない時があります
前撮りや良い写真が多ければ多いほど80ページ位ないと表現しきれない
時もあります。

focoのデジタル写真集は通常の貼り付けるアルバム同様
200カット前後の枚数を使い
式の進行や周りの風景に列席者の様子そして新郎新婦を
ARTとしての表現をプラスしてご提供しています

それでいてお値段は通常の写真館のものよりリーズナブルに設定
そしてその結婚式を撮ったカメラマン本人が
最後まで責任をもって写真集を仕上げ納品まで自己完結しています
かなりの時間と労力を費やした作品です
毎回、お客さんの一生の宝物になってくれる事を祈りつつ
納品させて頂いています。
[PR]
by foco | 2005-04-21 23:04 | ウェディング

focoの問題点

はい、odazoです
今日はHPを通じて連絡があったお客さんと
顔合わせしてきました

そのお客さんは前撮りは他のスタジオで済ませ
挙式本番もそのスタジオに頼もうと思いサンプルを見せてもらった所
あまりピンとこなかったらしく
そこで他に何処かないだろかと探していて
focoのHPにたどり着いたという事でした

スタジオでの前撮りとロケ撮影で26万円ほど掛かったと言うことで
もしfocoで撮影していればロケ撮影と当日の撮影両方合わせても
もっと安く出来たのにと自分達の宣伝力のなさを悔やみました

focoは雑誌広告や自社スタジオ、ビルに
多額の中間マージンを持たない、そして外注なしの自社完結と言う事で
このような一般からみると驚くほど安い料金でご提供できています

ただ、それも考え物かなと今日は少し感じました
いくら良い物を提供していても
誰も知らないのは意味がない
focoの存在すら知らないのでは少し問題かなと

難しい所です・・・
派手に広告を打てばその費用はお客さんの負担にもなります
この辺りは今後の課題とし検討していかなければいけません。

さて、写真は先日ロケ撮影を行った
atushiさんmariさんの海でのショットです
ロケ撮影ならではの写真ですね

b0001167_0204498.jpg


focoではロケ撮影は1日掛けて行います
その中でお客さんもここで撮りたいあそこで撮りたいという
要望があればドンドンと取り入れていきます

b0001167_0214922.jpg


連休明けににもロケ予定があるのですが
仕事の中でもロケ撮影はかなり楽しいので
今からとても楽しみにしています。
[PR]
by foco | 2005-04-21 00:29 | ウェディング

プロのメイク+デジタルメイク

b0001167_18114416.jpg
はい、odazoです
先日のHARUNAでの写真が良いのが多いので
今日もakaneさんの画像です

これは確か披露パーティー終了後にマリアベールがあったので
折角なのでそれに付け替えて撮影してみました
僕のお気に入りの一枚です

僕が頼んで「お祈りポーズ」をしてもらったのですが
普通はやはり恥ずかしいですよね?
でも、ご覧の通り素敵な写真になってます

僕達はある程度どのように撮れるかという結果が見えていますので
こういった僕たちのリクエストに答えていただけると素敵な写真を
約束しますしウェディングドレスを着ている時点でそれはもう美しい絵に
なっているのですから少し・・・
いえ、かなり大胆な気分で撮影した方が絵になります

この写真ではかなり露出をおさえて人物をシルエット的にする事で
神秘さとかそういった雰囲気にしてみました

b0001167_18112930.jpg
もう一枚はメイク中の写真です
メイクだけでもプロがやるとかなりバシっとします
最近はナチュラルメイクがブームと言う理由で自分でメイクするという
花嫁さんがチラホラといらっしゃるみたいですがやめておきましょう!
普段、自分でやっているナチュラルメイクとプロのナチュラルメイクでは
かなり違います

ナチュラルすぎるとドレスに負けて後悔します
ある程度ドレスに似合ったメイクが大事ですね

focoではプロのメイク+デジタルメイクも施しています
雑誌の表紙の芸能人やモデルのような肌で写真を残せます
一生に一度の写真です。とことん綺麗に撮り最高の自分を残しましょう。


ライブドアが花嫁の写真コンテストをやるみたい
ヤフーとかもやっていますよね
いっちょ送ってみようかな
賞金は僕のもの?花嫁のもの? 笑
[PR]
by foco | 2005-04-20 18:16 | ウェディング

当日撮り

b0001167_1553888.jpg
はい、odazoです
昨日に引き続きHARUNAで結婚式を挙げた
hirofumiさんakaneさんの写真です

この写真は、結婚式が始まる前に当日撮りしたもので
メイクの上がりが早く終われば少し時間ができる為
こういった撮影も可能になります

ただ、時間の関係でちゃんと当日撮りが出来ない時も多く
写真を重視する人は前もって会場に式が始まる前に当日撮りできる
時間を作ってもらう必要があります

当日撮りがあるのと無いのでは結構違います
前撮りをしている人は特に問題ないのですが
結婚式の撮影だけ依頼されている方は
当日撮りができると写真集に変化を付けやすく
より見応えのある写真集が出来上がります

そしてfocoでは当日撮りに関しては無料ですから
撮った方が当然お得です

当日撮りや披露宴撮影でもこんな感じに撮って欲しいとか
リクエストがあればドンドンと言ってください
僕達張り切ってお応えしますよ!

さて、昨日の結婚式が終わったあとですが
zoompapaのコラムにもあるように
控え室にて新郎新婦とHARUNAスタッフと
食事を頂きました

僕達は朝一番に会場入りして結婚式が終わるまで
何も食べませんし飲みません
なので終わった頃にはお腹がペコペコです

食事をしながらビールまで頂いたのは最高でした! 
やっぱり仕事の後のビールは格別ですね
仕上げにケーキも頂いてスイーツ好きのzoompapaも大満足! 笑
[PR]
by foco | 2005-04-20 01:24

結婚式

b0001167_13552639.jpg
はい、今日はロケ撮影からお付き合いの
hirofumiさんakaneさんの結婚式撮影でした

会場は三番町のHARUNAさん
パーティーの内容もとても充実した内容で
出席者参加型の皆で楽しめるような披露宴でした

人前式から始まり
お色直しでは浴衣に着替えた新郎新婦によるお寿司メイキングに
ファッションショーや生演奏ライブ・・・
どれも見ていてとても楽しそうで皆一体となって楽しんでいる様子でした

そして写真のフラワーシャワー!すごい花の量です 笑
カメラ越しに見ていて滝かと思いました
高速連写できるカメラじゃないと花が顔に被って絶対撮れない量です
すごくダイナミックでした

このフラワーシャワーの降らせ方はある意味
他の会場では無理かも 笑

さて、hirofumiさんakaneさん今日はおめでとうございました!
写真集の出来上がりを楽しみにしてください!

[PR]
by foco | 2005-04-17 22:35

明日は

b0001167_23564139.jpg
はい、odazoです
明日はギャラリーにてロケ撮影を公開している
hirofumiさんakaneさんの結婚式で会場はHARUNA
盛りだくさんの内容で撮影がとても楽しみです

前撮りから約半年後の結婚式
各打ち合わせに毎回参加させていただき
とても長いお付き合いになりました

只今、機材の点検と準備を終えたところです
バッテリーや充電関係もバッチリ
明日の会場は照明がオレンジ色傾向にあるので
マニュアルモードで強めにストロボを使います

とにかく、どのお客さんにたいしてもそうですが
focoを選んでいただいたからには最高の結果を
残す事を常に意識して撮影しなければいけないと言うことですね。
[PR]
by foco | 2005-04-16 23:57