カテゴリ:カメラ・機材( 4 )

マルニッパテスト

はい、odazoです
今日は1DsMarkⅡと300mmF2.8のテスト撮影をしてきました
ちなみに画像は1DMarkⅡと300mmF2.8です
人物撮りには1DMarkⅡと300mmF2.8は少し長すぎると感じました
換算で400mmF2.8くらいになってしまうので三脚が欲しい
手持ちはきつい感じがします
フルサイズで1600万画素だとしても手持ちで
1DsMarkⅡで300mmとして使った方が良さそう

と言う事で日曜のロケ撮影は白レンズ望遠部隊2名に
標準・中望遠・広角部隊2名の計4名のカメラマンが出動で
賑やかな撮影になりそうです。

さて、写真はマルニッパ親子
フジ・ニコン・キヤノンのストラップが印象的でした。

と言うか1Dsとサンニッパのテスト画像をマルニッパから
貰って帰ればよかった・・・忘

b0001167_1194712.jpg

[PR]
by foco | 2005-05-28 01:25 | カメラ・機材

色々なお話

はい、odazoです
明日は撮影日とても楽しい内容の披露宴撮影になりそうです
いつも撮影日前には必ず充電と機材の動作確認を行っています

現在のカメラ・ストロボ関連の電池は
昔から考えるととても長持ちします
フル充電で1回の撮影で電池切れというのはまず無いでしょう
2回でもいけると思います

それでも予備としてバッテリーや充電池を持っていきますが
今まで使ったことがありません
現在のバッテリー充電池はすべてニッケル水素電池で
継ぎ足し充電をするとあまり良くないのです
ここら辺りが少し面倒な所ですが

電流の安定性とチャージの速さはリチウムイオンやアルカリより
優れているので仕方ない所かもしれません
1本のバッテリーで1000枚以上撮れると思います

実際の披露宴撮影枚数は500枚ほどで
お渡しするのが300枚ほどなのですが
中々自分が納得できる良い写真を300枚以上納品というのは
普通は難しいと思います

そして撮影中は色んな事を計算しながら撮らないといけません
撮影可能残り枚数や式の進行状態
ストロボや露出に絞り等のハード面でのコントロール
何より大変なのは写真集のレイアウトを想定してのショットや
結婚しましたハガキに使えるショットを残す事
そして大事なのが会場スタッフになったつもりで
新郎新婦さんに気持ちよく披露宴を終えてもらうことです

さて結婚しましたハガキに関しては
皆さん新郎新婦の目線がきている写真を選ぶ傾向があります
僕達は披露宴などでは比較的キャンディッドフォト
(カメラを意識していない自然な姿)
を撮ることが多いので二人が揃ったイベント・ケーキカット等では
結婚しましたハガキ対策(笑)として目線を貰うようにしています

写真は去年にロケ撮影を行ったyasuhiroさんnamiさん
先日、無事元気な男の子が生まれたと聞きとても嬉しく思いました
近いうちに赤ちゃん撮りに行きますね!

b0001167_1113126.jpg

[PR]
by foco | 2005-05-22 00:34 | カメラ・機材

フリーカメラマン募集

はい、odazoです
只今、focoでは花嫁花婿モデルを募集中ですが
同時にフリーカメラマンも募集しております

もちろん誰でも良いと言う訳ではないので
条件はもの凄く微妙なのですが

① デジタル一眼レフシステムを持っている(eos系歓迎)
② ストロボやメディアも持っている
② ゼロからのスタート可能もしくは初心から学んでくれる経験者
③ フォトショップを一通り使える
④ 楽しんでお仕事できる方

全ての条件を満たしている人は少ないかもしれませんが
上記項目は絶対条件ではありません
男性女性問いません興味のある方は取り敢えずメールにてご連絡ください

さて、先日の結婚式にアシスタントとしてmadoCameraさんに
現場に入ってもらいました
初めての事で緊張しての撮影だったようですが
彼女の撮った画像を先ほど確認した所・・・・


とても良い写真が多くビックリしました
僕やzoompapaが撮っていない様な視点からのショットが数枚あり
う~んやるなあと言った感想です
もちろんサブ的位置に居たから撮れたというのもあるとは思いますが
やっぱり女の子の視点はちょっと違う感じがします
これに経験や技術に知識と度胸が加わっていけば
かなりのものになる予感さえします
正直、もっともっと現場に連れて行きたくなりました。

通常カメラマンと言うのは
プライドが高い人が多いようなイメージがあると思うのですが
こういった新人さんやアマチュアの写真に絶対負けないかと言えば
そんなこともなく人物スナップに関しては技術よりもセンスが重要ですから
当然、プロよりもいい写真を撮れる可能性は高くなります

僕達、カメラマンが気をつけたいのは
誰が撮ったとしても良い写真は良い写真と
素直に受け止める勇気と柔軟さかもしれません

それを変なプライドで認めないうちは
プロとてそれ以上の向上は難しく思います

それではmadoCameraさんの撮った写真を何枚か紹介します

b0001167_1630469.jpg


花嫁が髪につける花ですが中々面白いです

b0001167_1631461.jpg


これ、とても良いですね
僕も鏡に向かってピアスをしている花嫁を
リングビロー越しに撮っていますが
こういうイメージカット的な写真好きです

b0001167_16345758.jpg


これもセンスを感じます
大胆な切り口が良いです

b0001167_16461847.jpg


これ、抜群ですね
料理を可愛くお洒落っぽく撮ってます
こういうのは彼女の得意とする写真です

b0001167_16484072.jpg


これはちょっと驚きでした
僕が今まで気づかなかった被写体です
写真集に効果的に使えそうです

さてさて、カメラマン募集の件ですが
始めはフリーとして参加してもらって
このように自由な視点から撮ってもらって
徐々にメインを張れるように成長してほしいと思います。
[PR]
by foco | 2005-05-19 17:04 | カメラ・機材

魅力ある作品作り

はい、odazoです
昨日は業界の専門業者の集まりがあり
食事を頂きながら色々とお話をしてきました

中々に有意義で面白い会席となりましたが
これらを形にするようfocoも努力していかなければなりません

起業すると言うのは実に簡単な事で
誰でも出来ることだと思います
当たり前の事ですがこれらを利益を上げつつ
継続・発展するのが大変です
ただじっとしていても何も始まらないのが現実です

focoは本格的にスタートして7ヶ月の言うなら若造ですが
当初の予定よりも良い流れに乗って早い展開で動けています
もちろん、写真集等の商品企画や営業と頑張った部分もあります

しかし商品企画も現在で落ち着いてしまっている訳でもなく
更に良いアイデアがないか模索中でもあります

肝心の写真については、誰も真似できない感性を磨き続ける事
focoならではのartな表現方法のノウハウも定着しており
どのお客さんにも常に自己採点ですが95点以上の写真を提供できます

既存のスタジオでの撮影ノウハウでは90点以上の写真よりも
平均で50点の撮影方法をとる所も多く
それはやはり失敗を防ぐ為に生まれたノウハウです

もし仮に僕がお客ならこの50点の写真達で出来上がる
アルバムや写真集なら要りません
結果がすぐに想像できてしまうからです

ただ、一般の方はよく分からない世界でもあり
良い写真とそうでない写真を同時に見比べて
それでハッキリとわかる問題だとも思います

結婚式は基本的には一度の体験になると思いますが
さすがに新郎新婦のベテランのかたは少ないと思います
それだけに全ての体験が初めてで良く分からないことだらけ
よく聞くのがマイホームは3回建てて満足のいく家になる
と言いますよね
結婚式もこれと同じですが3回は流石に無理があります

でも、1回で満足のいく式を挙げたいとなると
新郎新婦もかなりの勉強が必要です
ここはああすれば良かった!と言う部分
その部分がもし写真だったとすれば・・・
focoを選んで頂けたら写真という部分では
後悔させないことを約束したいと思います

これらは驕りではなく当社の自信と自戒でもあります
そして近い将来、写真だけでなく
ウェディングに関わる全てのものに良い変化が訪れるかもしれません
文化が変わり全体がレベルアップしても
更に上をいく魅力のあるものを提供できたらと思っています
b0001167_14583882.jpg


さて、この写真はデジタルならではの高感度を使った撮影
写真集の背景としてイメージ優先で撮影したものです
確か撮影はzoompapaだったと思います
focoでは目に見えているものを撮るだけでなく
その先の写真集やレイアウトデザインを想定して撮影しています

目の前にある情景を考えず適当に撮り続けたものと
写真集製作を目的として考えて撮ったものでは
全体的な仕上がりにかなりの差がでます

そして写真集を外注でデザイナーに委託せず
撮影者本人が仕上げる事により更に撮影時のイメージを崩さず
まとめる事が可能となります

これらの一貫としたシステムがどう考えてもベストであり
逆にそれは商売として手離れが悪く
効率も下がることかもしれません
しかしお客様に対しベストな一貫システムを今後も重視し
この先にどんな展開があっても
質の高維持に更なる向上心を忘れないよう頑張っていくつもりです。
[PR]
by foco | 2005-04-27 15:02 | カメラ・機材