システムのお話

はい、odazoです
今日は撮影の事やカメラについて少し書きたいと思います

focoで使っているカメラやレンズは殆どがキヤノンを使っています
やはり現在時点で仕事で使えるデジタル一眼レフは
キヤノンが一番安定していると思うのが理由です

最近ではデジタル写真集などの納品が多い為(ほぼ100%)
デジタル機器を使うのが一番適しています
すこし以前なら普通のLサイズや2Lサイズのプリントをアルバムに貼る
という納品が殆どだったと思います

その頃はピントやオートフォーカスの精度に然程シビアにならなくても
良い時代でした

しかし現在の納品傾向のデジタル写真集は
見開きでA3サイズでの印刷を使うこともあり
ピントやオートフォーカス精度にとても敏感にならざるえません
focoのデジタル撮影はそれほどシビアになっています

そのシビアな世界で失敗の許されない
結婚式の撮影はかなりの緊張感です
特に撮影技術などに関してデジタル化してからと言うもの
それまでの技術を一新しないとならない部分も多く
技術的にもネガの頃よりも気を使いますので最初はとても苦労しました

しかし、全てが大変とか言うわけでもなく
しっかりデジタルの恩恵に授かっています
それどころか現在では今のシステム以外に
考えられない所まで来ています

ごく稀にですがネガフィルムでの撮影はできますか?という人もいます
もちろん問題なく撮影できると思うのですが
正直、デジタルの代わりにネガでの撮影をするメリットがありません
どういう納品形態にせよデジタルよりネガの方が優れている部分って
僕たちが考える中でとても少ないのです

色味にしてもそう、現在のプリント店では
プリント機器もデジタルになっているため
デジタルで撮影してもネガで撮影してもどのみちデジタルプリントなんです
とくにネガからデジタルプリントした色味や風合いに関しては
昔よりもかなりクオリティーが下がっている感じがします
もしくはデジタルの結果が良い為にそう感じるのかもしれません

さて、このように自分達の中で確固たる物が生まれ
zoompapaのコラムにも以前あったように仕事では
本当の意味で古いシステムに見切りをつけフルデジタル化になりました
と言う事で数年内にfocoの考え方が業界のスタンダードになるよう
頑張って行きたいと思います。


b0001167_18161098.jpg
さて、写真は先日のHARUNAでの披露宴のイベントの1つ
来賓客によるファッションショーの様子です
ちなみにこのイベントは僕が提案したのですが
みなさん楽しんでくれたでしょうか・・・ 笑
[PR]
by foco | 2005-04-22 18:23 | ウェディング


<< サプライズ focoの写真集 >>